北九いいと:北九州市と市内メーカーによる「北九州らしさ」をテーマにした食のブランド

北九州味あられ


各地域のご当地グルメご意見番が納得した高い味の再現度

 株式会社しんこうは昭和29年に戸畑区で創業。柳の小枝を模した「小柳かりんとう」で人気を博しました。創業から60年を越える今では「どんど揚げ」「ハニードーナツ」「ポリジュース」といった幅広い商品を作り、誰もがスーパーのお菓子コーナーで一度は目にしたことがある北九州を代表するお菓子メーカーとなりました。
 北九いいと向けの商品開発に際して、二代目の越野修司社長は「北九州を感じられるお菓子とは何だろう?」と考えた末、もともと別々の市であった市内五区それぞれのご当地の味に着目し、この商品のコンセプトが生まれました。
 それからは味の再現を追求し、各商品ごとにそれぞれの地域の「ご当地グルメの会」に監修を依頼。何度も各地のご意見番と開発スタッフで検討を重ねた結果、これぞ!という商品の開発に成功しました。平成26年の販売後、お客様からの声を参考に小倉と八幡の商品をリニューアル。B-1グランプリを北九州へ呼び込んだ「小倉焼うどん」に、2014年全国餃子サミットを開催した「八幡ぎょうざ」といった、こだわりの味も仲間に加わりました。「持ち運べるご当地グルメ」として、出張客などを中心にお土産商品として喜ばれています。

 
北九州味あられは昔ながらの製法を守りながら、きちんと管理された工場で機械作業と手作業を組み合わせて作られています。特に揚げ菓子は時間が経つほど味や風味が損なわれていくので、「鮮度はおいしさ」をテーマにしたお菓子づくりが大切にされています。

自然豊かな北九州市には旧五市時代から続く、
ご当地グルメがあります

北九州市は旧五市合併の名残から、多彩な食文化をもつ街です。戦後に干しうどんを使って作られはじめた「小倉焼うどん」。昭和30年代に土鍋でつくったグラタン×カレーがルーツといわれる「門司港焼きカレー」。製鐵マンの食を支え、平成26年には全国餃子サミットを開催した「八幡ぎょうざ」。昭和のはじめから続く、細い蒸し麺を使った「戸畑チャンポン」。味がギュっと濃縮された「若松トマト」など、どれもが各地域の自慢となっているご当地グルメなのです。


株式会社しんこう
〒800-0215 福岡県北九州市小倉南区上曽根新町13-3
TEL. 093-473-8123

株式会社しんこうの商品のルーツは、先代が昭和初期に製造・販売していた「小柳かりんとう」。今でも、お客様の満足を考えた商品開発の想いは変わらず、常に真剣な商品企画が行われています。

経営理念“おいしさで笑顔を創る”を追求する二代目社長。平成21年にイートインを完備したスィーツショップ「FAVORI(ファボリ)」を工場前にOPEN。